腹上死 殺人罪

ヘッダー

殺人罪として腹上死で性行為の相手が捕まることは?

性行為の最中、もしくは性交後に男性が死に至ることがありますが、その時の相手の女性は殺人罪になるのでしょうか?。

これは腹上死と呼ばれるものですが、殺人罪どころか残された女性は大きな驚きとショックを受けてしまうことでしょう。

もちろん、ショックだけではありません。

気になる部分は法律的な部分でしょう。

男性が腹上死をしてしまった場合、女性は殺人罪に問われてしまうのでしょうか。

こういった場合、女性が殺人罪に問われることはありません。

性行為に至る時点で両者合意の上ですので、問われないのです。

しかし、性行為によって死に至ることが予想されているにも関わらず及んだ場合、それによって殺人罪に問われる可能性は少なからずあるでしょう。

しかし、いくら殺人罪に問われなかったとしても、腹上死に立ち会いたくはありません。

大切なパートナーを失うことになってしまいます。

そのためには腹上死を防ぐことが必要です。

ドラマや映画の殺人罪となるケースはどういった原因で起こるのでしょうか。

多くの方が誤解していることですが、腹上死とは性行為が直接の原因ではありません。

殺人罪になっている場面では性行為による性的な興奮によって血圧や心拍数が上昇し、それによってさまざまな疾患が引き起こされて死に至るのです。

そのため、血管や心臓などに持病を抱えている方は特に腹上死が起こりやすい傾向にあります。

殺人罪として起訴されなくても関係性は疑われる?

性行為とは非常に興奮の高いものですので、そのため、高血圧の方ですと性的興奮によって血圧が上昇し、そして脳出血になるリスクがあります。

さらに、殺人罪と誤解されやすいのが心臓に疾患を抱えている方ですと性的興奮によって不整脈となり、心停止になってしまうのです。

腹上死を防ぐには何より性行為による性的興奮に注意が必要でしょう。

さらに、性行為とは肉体を使うものですのでスポーツと考えることも出来ます。

そのため、血圧や心拍数の上昇にも繋がるのです。

腹上死とは性行為の性的興奮によって疾患が引き起こされると説明しましたが、激しい性行為によって興奮度の上昇は異なります。

中でも不倫関係など秘め事である性行為は、より上昇する傾向があるのです。

実際に腹上死を起こした性行為の中で、不倫相手の性行為は非常に多く見られます。

殺人罪で相手が逮捕人はかつてあり得ませんが、腹上死によって死に至ることも避けたいですが、不倫相手との性行為ですと遺族のことも気にしなければなりません。

腹上死は理想の死に方と考える男性もいますが、そのようなことは無いのです。

そのため、持病について考えておかなければならないのです。

性行為に対して何か不安を抱えている方は、すぐに医師に相談をしましょう。

脳動脈瘤が破裂することで腹上死になるケースは少なくありませんが、気付かずにいることが多いのです。

性行為によって脳動脈瘤破裂が引き起こされ、殺人罪とは異なりますが腹上死に至ることも考えられます。

ドラマや映画の様な殺人罪になることはあり得ない?

さらに、年配の方も殺人罪にはなりませんが注意が必要です。

現在は60歳を超えても性生活を楽しむ傾向にありますが、それだけの歳になりますと身体のどこかに持病を抱えているものです。

自覚症状が無いまま性行為に及び、腹上死に至ることもあります。

そのため、自分への殺人罪にならないようには健康診断や人間ドックは欠かせないでしょう。

また、若くて持病の無い方は腹上死と縁が無いとは言い切れません。

特に飲酒や喫煙習慣のある方、肥満気味ですと、どうしても腹上死に繋がってしまいます。

30代や40代の若さで死に至ることもありますので、ドラマや映画の様な殺人罪にならないためには生活習慣を見なおす必要があるでしょう。

こういった健康管理は男性サイドだけの問題ではありません。

殺人罪で逮捕はありませんが女性サイドからも注意を促す必要があるでしょう。

女性としてもパートナーが腹上死をしてしまったら、一生そのショックを抱えて生きて行くことになってしまいます。

特に喫煙習慣や飲酒習慣は本人だけで改善することは困難です。

そのため、女性からの協力も必要になります。

生活習慣を改善することで少しでも殺人罪の心配はないですが腹上死のリスクを避けましょう。