腹上死 理由

ヘッダー

一番の腹上死の理由や原因は心臓?

死因の理由のひとつとして「腹上死」というものがありますが、これに対してどういった意味のイメージを持っているでしょうか。

愛する女性と絶頂を迎えて息絶えることから、どこかかロマンチックなイメージを抱いている方もいることでしょう。

それでは、どういった理由で腹上死に至るのでしょうか。

これは誰しも気になる部分です。

これに至る最大の原因はセックスによる心拍数と血圧の上昇です。

様々な理由でこれらが上昇することで病気が誘発されてしまい、死に至るケースがあります。

中でも心臓血管に問題を抱えている方は心筋梗塞や狭心症、脳卒中などをこういったことから起こしがちですので、腹上死をしやすいと言えるでしょう。

そのほかに不整脈や血管、臓器などに持病を抱えている方もリスクがあると言えます。

近年は60歳を超えて性生活を楽しむ方が増加していますが、これは年齢を重ねることで何らかの持病を抱えているものです。

そのため、20代の若者と比較すると60代以上の方のリスクは理由としては大きいでしょう。

さらに、最愛の女性を相手にしての腹上死ならまだしも、これが不倫している愛人相手の場合も考えられるのです。

こうなってしまうと、遺族はその死を受け入れることは、果たしてこの理由でも出来るでしょうか。

心臓疾患や狭心病が腹上死の原因

それでは、腹上死になる理由を防ぐためにはどういった対処法があるのでしょうか。

パートナーと良好な関係を築くために性生活は欠かせないものですが、年齢を重ねている方はリスクや理由についても考えなければなりません。

そのため、アメリカではそういった問題に対する研究が進められており、そのガイドラインが示されています。

これはアメリカでの研究ですが、日本を含むアジア圏での調査でも同様の理由の結果でした。

それでは、具体的にどういった部分や病気に気をつければ良いのでしょうか。

何より大切なことは医師にどんな症状でも相談することでしょう。

不安などストレスを理由に抱えた生活こそが心臓疾患の原因になっているのです。

そのため、信頼出来る医師に相談をしてください。

こういった理由や問題はなかなかオープンに出来ませんので、いくら医師に相談出来るチャンスがあったとしても打ち明けられないものです。

しかし、腹上死のリスクを回避する方法として最も効果的なことは、医師に相談をすることでしょう。

不安を解消することで適切な性生活を手に入れられるだけでなく、その理由はストレスフリーな生活を手に入れることが出来るのです。

特に60歳を超えるとどのような方も持病があるものですので、どのような些細なことでも医師に相談をしましょう。

腹上死の予防方法は?理由からは改善しにくい?

実際の性生活では理由には焦らず前戯から始めることが大切です。

20代のようにいきなりどんな理由でもアクセル全開で臨むことは非常に危険でしょう。

まずはゆっくりとしたハグやキスから始めてください。

そういった流れからスタートして性器への刺激をしましょう。

そして、その時点で胸痛、過呼吸、急速あるいは不規則な心拍などが見られたら危険な理由とサインですので、これから医師に相談をしましょう。

そこで特に問題が見られないようでしたら、性行為を進めてください。

何よりも危険なことは、若いころの感覚で性行為をしてしまうことです。

自分の現在の年齢を考えずに行う性行為は、腹上死のリスクをアップさせてしまいます。

また、理由はどうでも不倫相手など秘めた相手との性行為はスリリングなものです。

そのため、血圧や心拍数が以上に上がってしまい、心臓疾患などを引き起こしてしまいます。

さらに、理由となる腹上死の92.6%が男性で、その大半が不倫相手との性行為中とされています。

逆に妻や恋人など慣れ親しんだパートナーとの性行為ではほとんど見られません。

そのため、不倫相手との性行為はより注意が必要でしょう。

自分の人生が終わってしまうことはもちろんのこと、遺族のことを考えるとどんな理由でも腹上死は絶対に避けたいもの。

そのため、これらを解消するポイントに注意をして性行為を行いましょう。