腹上死 嘘

ヘッダー

腹上死の別名の性交死に突然急になるのは嘘?

嘘ではなく、腹上死とは性交死とも呼ばれており、性交中に突然死することをここでは意味します。

しかし、これは状況が状況であることから俗説や嘘が蔓延しているのです。

特に勘違いされているものに腹上死をするタイミングがあります。

多くの方は性交中に突然死をするイメージがあるかも知れませんが、その割合はわずかなのです。

むしろ性行為を終えた直後、もしくは性行為の数時間で亡くなるケースが多くなっています。

そのため、その名前が示すように女性の身体の上で亡くなることは稀と言えるでしょう。

また、一般的に性交死と呼ばれる死因だったとしても、医学的には性交死という言葉が頻繁に用いられます。

さらに、嘘だと思っていると性交の相手が愛人や浮気相手などオープンに出来ない場合、119番の連絡が遅くなることは珍しくありません。

そのため、迅速な医療行為が行われずに死に至ることもあるのです。

そういった場合は変死として嘘でなく届け出がされます。

天国に上るような気持ちがいいという腹上死の噂は嘘?

中には性交そのものが死の直接の原因と考える方も多いことでしょうが、これも腹上死の代表的な嘘です。

死に至る原因は持病や成人病の疾患で、そこに性的興奮が加えられることで死に至ってしまうのです。

嘘ではなく代表的な疾患は心血管系で、これが過半数を占めます。

それに次いで多いのは脳血管系で、その他の疾患は1%程度とされています。

そのため、もともと高血圧の方ですと性行為によって血圧が上がり、脳出血を起こして腹上死に至ってしまうのです。

そして、心臓に疾患を抱えている方は性行為によって心拍数が急激に上昇し、これが嘘のように最終的には心停止して死亡してしまいます。

つまり、性行為が持病をより悪化させて死に至ることが腹上死なのです。

また、嘘とは異なり腹上死が起こる根本的な原因は急激な性的興奮の増加です。

そのため、不倫など秘めた相手との性交渉は興奮度が高いため、起こり得る可能性が高くなっています。

そのため、中には「腹上死は男性にとって理想的な死に方」と考える男性も少なくありませんが、これは実際には浮気をしていたことが遺族に知られてしまい。

修羅場になることが嘘ではなくほとんどなのです。

死後の自分に対してもあらぬ噂を立てられてしまうでしょう。

そのため、腹上死は理想の死に方と程遠い存在と嘘みたいだと言えるのです。

腹上死の関連の情報の2chやSNSやブログの嘘に騙されない

また、性行為前にアルコールを摂取していると、嘘ではなく腹上死のリスクも増加してしまいます。

そのほかに、極端に若い女性との性行為も性的興奮が嘘のようにアップするため、リスクも増大してしまうでしょう。

そのため、高血圧の方が血圧の上昇を控えるものですが、性行為でも血圧が上昇するということを知っておいてください。

それを知ることで腹上死のリスクを減らすことが出来るのです。

そして、バイアグラが腹上死の原因となっていると考えられています。

バイアグラはED治療だけではなく、当初は狭心症の治療薬として開発されました。

バイアグラを服用した状態で血管を広げて発作を緩和する硝酸系薬剤(ニトログリセリン)を使用すると、これが相乗効果によって急激な血圧低下を起こすリスクがあるのです。

しかし、これは誤ったバイアグラの服用方法であるため、バイアグラが腹上死を起こすということは嘘なのです。

そして、何より医師の指導にしたがって服用することが大切です。

これはバイアグラに限らず薬は医師の指導にしたがわなければなりません。

また、稀に性交中に感電事故などに巻き込まれることもありますが、これも腹上死の一種とみなされることもあります。

そのため、多くの方が「腹上死=性交による死」というイメージを持っているかも知れませんが、そういったことでは無いのです。

そして、現実的に考えて理想的な死とは言えないでしょう。

不倫相手との性行中に多く、オープンにしづらい死因であることからさまざまな俗説がありますが、その多くは嘘ですので注意してください。